能勢の高燈籠

能勢の高燈籠

「能勢の高燈籠」は、要会本部講堂の東隣りにそびえ立つ燈籠型の仏塔です。
平成7年9月より一般公開されており、どなたでも参拝して頂けます。

宗教法人 要会

入塔料

大人(中学生以上)
 300円

小人(小学生以下)
 100円

3才以下は無料

開塔時間

10時〜16時

定休日

毎週 火・水・木・金曜日
予告なく休塔する場合が
あります

無料駐車場あります

大型バスも可

多宝塔
一階正面 多宝塔
第1番社



塔内は5層のらせん状の
ゆるやかな傾斜道になっ
ており三十三身の観音様
をおまつりしています。

水晶板



塔内の壁面の多くに
水晶板(小粒水晶を敷き
つめたもの)を取り付け
ており、巡拝中に水晶パワ
ーや清めを頂けます。

塔内を自動で動く巡拝往復する台車

三十三身の観音様に、ご先祖様、共々「灯火」を捧げ、お参りさせていただきましょう。

施灯奉納金 1000円

  詳しくはこちらから(施灯の功徳へ) 施灯台車



御供養の施灯台車

ご先祖様代々、故人名書き
(ペット名も可)三界万霊等
の御供養が出来ます。

施灯台車



祈願の施灯台車

合格祈願・病気平癒等の
祈願ができます。


塔内には、約700体の博多人形が飾ってあります。
その姿は、多種多様で美しく、ご参拝の途中に、ゆっくり
御覧頂けます。

施灯台車 施灯台車 能勢の高燈籠

夜明け前の高燈籠